相談方法

弁護士に交通事故の相談をする場合、まずは弁護士事務所に電話をするべきです。弁護士事務所というと、事務所に行けば誰かいるだろうといった考えになってしまい、事前の連絡なしに事務所に訪問してしまいたくなると思いますが、弁護士は日中に事務所にこもって仕事をしていることはあまり多くなく、裁判所などの外で仕事をしていることの方が多いです。また、弁護士が事務所にいたとしても、すでに予定が入っており対応してもらえない場合もあります。こう言った事態を防ぐためにも、まずは電話をして、弁護士のスケジュールをおさえてください。

電話をして弁護士との相談の予約をしたら、次は弁護士事務所に訪問し実際に相談を受けるわけですが、何をどうやって相談すれば良いか悩むと思います。弁護士は状況把握を大事にするため、事故当時の様々なことを質問してくると思いますので、弁護士事務所を訪問する前に当時の状況を一度整理してみると良いです。具体的には、物品事故なのか人身事故なのか、事故の様態(追突、衝突など)、車の被害状況、加害者側の見解、交渉がどのように進んでいるのかなどを整理しておくべきです。また、自分の保険で弁護士費用特約に加入しているかも確認しておくと良いでしょう。これに加入していれば、弁護士費用で心配することはないです。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加