解決の流れ

交通事故に遭い、可決するまでどのような手順を踏めば良いのでしょうか?

まず、事故の直後に、加害者から示談を頼まれることがありますが、ここで示談してしまうと、のちに請求できる賠償金を請求できなくなる場合があります。交通事故直後には痛みなどの自覚症状がないこともあります。示談後に怪我が発覚し後に治療費を請求しようとしても、できないこともあります。よって、少し手間だと思ってもその場で示談をしない方が良いです。

次に、事故後は必ず病院を受診した方がいいです。これにより、自覚のない症状がわかる可能性があります。また、治療が必要になった場合は完治または症状固定日まで継続して通院する必要があります。通院を最後まで継続せずに、途中で通院を放棄してしまった場合、後遺障害慰謝料等級認定を受けられません。通院費が実費になってしまい継続が苦しくなりそうな場合は、健康保険を利用すると良いでしょう。

症状が固定した時、症状が完治せずに後遺障害が残った場合には、後遺障害等級認定請求をします。その後示談交渉を開始します。相手が任意保険会社に加入している場合は、相手の任意保険会社との間で示談交渉していくことになります。しかし、保険会社の担当者は法律の知識が豊富で、自分に都合よく話を進めるのは非常に難しいです。ここで、法律のプロフェッショナルの弁護士に相談してみると良いでしょう。弁護士に相談することで、賠償金の計算基準も弁護士基準となり、自賠責保険基準や任意保険基準と比べて高い金額で解決することができます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加